ガボールからの伝言

全国のガボール好きが1度は目にしたことのある噂のブログ。
Gaboratory.jpドメイン
0
    JUGEMテーマ:ファッション
    すっかり春になりました。
    都内では桜が咲き始めているようです。
    仕事に没頭すると季節感や時間の感覚がおかしくなるため
    これではダメだと思いました。久々のブログ更新です。

    本日恵比寿Gaboratoryにてトランクショー??が開催されるとのことです。
    トランクショーってイベントだと思いますが、
    何か特別なことをするのでしょうか。

    過去4〜5年くらいブログ更新も止めていたので
    現行のガボールがどうなったのかよくわからんのです。
    Gaboratoryが未だ二つあるのは分かりますけど。
    何か体制変更があった??

    恵比寿Gaboratory公式サイトのドメインが
    Gaboratory.jpでなくなったのは内々で何かあったのでしょうね。
    企業イメージとしてドメインは重要だと思います。

    実はjpドメインが公開されたときGaboratory.jpのドメインを
    自分は取るかどうか迷ったのです。
    当時恵比寿のGaboratoryも公式サイトを持ってない状態だったので、
    自分が取ってしまえばこのサイトはGaboratory.jpになっていたわけです。

    当時Gaboratory関連のドメインは個人で色々と取れる状態でした。
    当時はSEOとしてドメイン名等若干重要視されていたし、
    ガボールに特化したブログを作るならありかなと。

    でも、やめました。
    ここはガボール好きの良心というか、
    本家に取得して欲しかったのと、
    当該ドメインは持つべきところが、
    持つべきだという考えがあったからです。

    でこのサイトはスカルと925を組み合わせたドメインになったわけです。
    今から10年も前の話ですよ。
    それから10年後Gaboratory.jpは今や見るも無残なサイトに・・・(笑)。

    ちなみにガボール関連のドメインを自分は持ってます。
    かなり良いドメインです。
    売ろうかしらん。
     
    | ガボールからの伝言 | 雑談 | 01:54 | - | - | - | -
    狭い世界
    0
      ガボールが好きな人のネットワークは本当に狭い。
      これはブログをやっていてとても実感します。

      ガボールの様な特殊なシルバーアクセサリーを好む人は、
      世の中にそんなに多くいませんからね。

      その中でも心底ガボールが好きな人は
      限られてくるような気がします。

      生前のガボール作品もその狭いネットワークの中で、
      動いているのが現実です。

      特殊なアイテムとなれば、前所有者が誰それで、
      どの経路(ルート)を辿って日本に入ってきた云々。
      これらの話はガボール好きが飲み屋に行くと盛り上がります。

      狭いネットワーク内でモノが動くという事は
      簡単に言えばマーケット規模が小さい。
      今後このマーケットが国内で拡大することは
      残念ながらないでしょう。
      だからこそこのネットワークは非常に大切だと思います。

      90年代初頭のシルバーブームのような現象は今後起こらないため、
      ミーハーなガボールファンはいなくなります。

      ガボール好きにとって狭いネットワークであれど
      その中に入ればとても居心地の良いものです。
      価値観の共有できるネットワークの中に入る事が大切です。

      Merry ChristmasHappy New year.

       

      | ガボールからの伝言 | 雑談 | 00:14 | - | - | - | -
      復活したぜ。
      0
        1年半も放置してたらサイトごと消え失せてた(笑)。
        サイトがないことに気が付かない自分もどうかしていたけど。

        このまま静かに消えていくのが美しいと思ったのですが、
        アーカイブとして残しておくのもいいのかなと悩んだ挙句、
        気が付いたらまたブログはじめてました。

        最近はFacebookページの更新も行っておりまして、
        気が向いたら新しい画像やら情報が追加されている状態なので
        気になる方は是非登録してみてください。

        相変わらず見に来て下さっているガボール好きの方には感謝感謝です。

         

        | ガボールからの伝言 | 雑談 | 23:48 | - | - | - | -
        0
          ガボールラージスカルクロス



          あぢ〜〜〜・・・
          今年の夏は異常に暑いです。
          夏はこうじゃなくちゃと言う人もいると思いますが、
          如何せんアスファルトジャングルの中では焼肉になった気分です。

          肌の露出も増えてシルバーアクセサリーを身に付けるには
          いい季節だと思います。

          部屋の掃除がてら埃を被ったマイガボールを眺めていました。

          以前ガボール好きの方と話した際に、
          最高の生前アイテムを入手する秘訣ということで

          「念ずれば叶う」

          と言われて妙に納得しました。
          というのも自分もこのアイテムが欲しいな〜でも手に入らなくてもいいや
          位の気持ちで念じていたところひょんな所から自分が想像していたアイテム
          もしくはそれ以上のものが入手できたことが何度もあったからです。
          不思議ですね〜・・・

          これは超能力か?と思いましたが、
          なんか不思議な世界があるみたい。

          昔ガボールにはまったときは24時間365日ガボールのシルバーアクセサリーのことだけを
          考え続けていた時期もありました。ここまでくるともはや精神病棟行きですね。。。
          それだけ中毒性のあるシルバーなんだと思います。

          で生前のガボールを手にとって見ると
          このアイテムは来るべくして自分の元に来たという不思議な縁を感じるわけです。
          縁というのは人を介在するのですが、昔ガボールの工房から発されたアイテムが
          巡り巡って自分の元に辿りついた過程を想像するとなんとも良い気持ちになるものです。

          ハッピースカルの微笑みを見るとそこに今でもガボールの魂が宿り
          ガボールからのメッセージが伝わってくるようです。


          ↓↓↓Facebookページもやってます↓↓↓

          ガボールからの伝言

          Facebookページも宣伝
           
          | ガボールからの伝言 | 雑談 | 15:06 | - | - | - | -
          久々の更新
          0
            久々に自分のブログにアクセスしてみたら
            サーバの更新を忘れておりまして。。。

            Not Found 状態が長らく続いておりました。
            アクセスしていただいた皆様すみませんでした。
            ある日数が経つとコンテンツが消えるみたいですが、
            ギリギリ大丈夫だったみたいです。

            時代の流れか、
            独自ドメインを取得して、レンタルサーバを借りて
            情報を伝えるっていうのはもはや時代遅れなのかもしれませんね。

            ブログが流行りだしたのは2003年くらいだったと思います。
            mixiやらMyspaceやらFacebookやらと時代はSNSへと移行して
            自分でブログを管理するっていうのも正直しんどいなと感じてます。

            このブログが残っているのはある意味化石みたいなものでして。
            過去のアーカイブとして保存しているだけのような気がします。

            ありがたいことにFacebookの人数が100人を超えておりまして
            そんなに登録されてもネタがないす。。。状態です。

            でも、ガボールは好きなので「ガボールからの伝言」は形を変えてでも続くッス。
            特に意味のない更新になりましたが、とりあえず生きてます。



            ↓↓↓Facebookページもやってます↓↓↓

            ガボールからの伝言


            Facebookページも宣伝

            | ガボールからの伝言 | 雑談 | 23:31 | - | - | - | -
            2012年、夏
            0
              今年はオリンピックイヤーです。

              8月12日が閉会式なのであと少しですね。

              ロンドン五輪開催

              個人的にはサッカーを中心に見ていましたが、

              如何せん時間が遅く寝落ちしてしまうことも・・・

              ただ、日本の選手が頑張っているところを見ると結果はどうであれ胸が熱くなります。


              私事で恐縮ですが、今はお盆なので久しぶりに静かに過ごしています。

              日々仕事に追われてゆっくり出来ないのでボケーっとしてます。

              目を通さない本とかを読んだり映画を見たりと。

              映画は大好きなリドリー・スコット監督の「プロメテウス」を見ました。

              スケールの大きなSF映画で楽しめましたよん。3D映画は自分は好きです。

              本は常日頃から古典を読みたいと思っていたので「源氏物語」を読んでみようと思います。

              ガボールのことに関してはFacebookページが気が付いたら30人も登録してくれてました!

              ありがとうございます。

              こちらも更新しないとですね。

              昔話も交え画像アップしますねん。

              引き続きよい夏休みをお過ごし下さい。
              | ガボールからの伝言 | 雑談 | 00:05 | - | - | - | -
              わかる人にわかればいい
              0
                この世には「わかる人にはわかればいい」という世界があると思います。


                このブログの基本的なスタンスも同じでわかる人にわかればいいです。


                芸術の世界はすべからくそうなのではないでしょうか。


                以前東京国立近代美術館で開催されていたジャクソン・ポロック展に行った際に思ったことです。


                ジャクソン・ポロックはポーリングという絵の具を垂らして絵を描く技法に取り組んだ芸術家で44歳で突如交通事故でこの世を去りました。1950年代頃のモダンアートの芸術家です。


                ジャクソンポロック画集

                芸術新潮などの雑誌には「ピカソよりめちゃくちゃ?」と特集が組まれるほどで、
                上記サイトでご覧の通り、絵の具をぶちまけたような、
                そしておおよそ再現性のない作品はこれをアートと読んで良いのかどうか?


                意見の分かれる抽象画家でもあります。


                実際に「これなら俺にでも書ける」という人も結構いました。


                自分はポロック最高傑作といわれる「インディアンレッドの地の壁画(推定200億円!)」を目の前にしてただただ衝撃を受けました。


                絵の大きさもさることながら
                ポーリング一つ一つに意味があるような感覚を覚え、
                必然的にそこにあるべくしてある何かを感じ
                部分と全体の統合
                といった摩訶不思議な感覚を覚えた物です。
                どこを切り取っても作品として成り立つ絵ってなんじゃこりゃーってね。


                こんな絵は見たことがなかったので理解を超えた何かだったのでしょう。


                正真正銘のアートだと思いました。


                でもこんな絵、芸術でも何でもないという人がいるのも事実です。


                そういう人たちと対話をしても非生産的でありますし、
                無意味だと思います。そもそものスタンスが違うので。
                対話をしても原理的に無理がありますし模索すべきではありません。


                ガボールのシルバーアクサリーについても同様のことが言えるのかなと思います。
                ガイコツの銀製品に数十万、数百万かけるなんて!と思う人もいれば、
                ガボールとそれ以外のシルバーブランドがどうのと議論にもなれば、
                ガボールの中でもブランドが二つに分裂して喧々諤々の議論が
                ガボール氏死後現在も続けられています。


                全てわかる人にわかればよく、ただそれだけのこと。
                とシンプルに捉えればいいと思います。


                他人は気にせず自分の好きな物をとことん追求したものが勝ちなような気がします。
                人生は楽しんだもの勝ちです。特に最近はそんな心境。


                基準を他人に置くとこの世は急に息苦しくなります。
                他人と議論して説得してねじ伏せようなんてもってのほか。
                自分を軸に好きなことを徹底して追及する。


                万人が真理だと確信することは実は大したことではなくて、
                各個人がこれは・・・と少し不安を抱えながら揺り動かされる
                その人だけの真理が実は大事だったりします。


                このブログは生前のガボールシルバーをネタに書いているので、
                その軸でとことん好きなことを書いています。

                シングルスカルリング
                生前初期シングルスカルリング(盛岡市紅茶の店しゅんにて撮影)


                ジャクソン・ポロックが生前言っていた言葉。

                「全てピカソがやっちまった。」

                “ピカソ”を“ガボール”に置き換えると面白いかも。

                ポロックは巨匠ピカソを超えるべく創作活動に乗り出すのですが、

                そのあたりは少し感動します。

                ガボールを超えるシルバーデザイナーは今後現れるのでしょうか。

                期待して待っているんですけどね。
                | ガボールからの伝言 | 雑談 | 14:18 | - | - | - | -
                《ガボールからの伝言》Facebookページ
                0
                  ガボールからの伝言

                  Facebookページも宣伝



                  ガボールからの伝言のFacebookページを作ってみました。



                  基本的に自分はブログが一番使いやすいので

                  ブログをメインに更新していきますが、

                  情報収集をFacebookに一元化している人もいると思います。

                  そういう人のために立ち上げました。

                  コメントは気が向いたときにします。



                  またFacebookのみに限定した記事を今後は掲載することもあるかもしれません。



                  あとは、このブログ主催のイベントなどが

                  もし開催されるようでしたらFacebookページで案内します。



                  興味のある方はFacebookに登録して上記バナーをクリックすれば、

                  参加できます。
                  | ガボールからの伝言 | 雑談 | 16:11 | - | - | - | -
                  年始のご挨拶
                  0
                     新年明けましておめでとうございます。


                    本年もガボールからの伝言ブログをどうぞ宜しくお願いします。


                    それにしても今年の冬は寒い!
                    日本海側の県は大変だなと思います。


                    ニュースや新聞などを見てみると2012年の展望は?などと
                    特集が組まれています。


                    経済成長率は2%くらいは見込まれているようですが、
                    昨年は悪かったので今年は若干よくなることは当然ですね。


                    ただ、自分はマスコミが報じているような
                    楽観的な見方は出来ません。
                    悲観主義者ではないのですが・・・


                    3.11以降日本は変わる!と言われていますが、
                    悪い方向に変わっていくような気がしています。
                    その意味では3.11は日本の死亡診断書のような感じに思えました。


                    心臓が止まるというより脳死に近い感じ。
                    脳は死んでいるけど、心臓は今動いている状態。
                    いずれ鼓動も止まってしまうような感じがします。


                    これが日本国内だけのことであればいいのですが、
                    どうも国内外の構造的な変化によってダメな方に動かされているらしいと
                    うすうすみんな感じているのではないでしょうか。


                    最近、今後どうなると思う?とか、
                    良く世の中がどう変化すると思う?とか


                    良く聞かれるのですが、私は神様でも未来学者でもないので、良く分かりません。
                    ていうかそんなこと誰にも分かりません。
                    自分なりにどうなるのかな〜と想像してみたり模索してみたり。


                    ただ、複雑な世の中を読み解くために古典的な物を学ぶのは悪くないなと感じてます。
                    具体的には歴史、文学、哲学、心理学、数学などを学ぶことは生きていくうえでの力になると思います。


                    今の資本主義の状況はマルクスが資本論で想定した資本主義に良く似ているようです。
                    歴史は形を変えて繰り返すと言われるので、
                    そこから想像すると今後はますます格差が広がると思います。
                    この変化はすぐにというわけではなく徐々に起こっているのではないでしょうか。


                    具体的にいうと、普通の会社員であれば年収300〜500万円の層が徐々に減って、
                    年収200万円台の層が非常に増えるような気がします。


                    年収600万円以上の層は今でも一定程度いますが、
                    それでも数は減りハッキリと2極化が進むような気がしています。
                    サービスも商品も上層と下層にはっきり分かれて
                    下層の人たちは今までの生活水準を落とす我慢が強いられるのではないでしょうか。


                    しかし、悲しいかなドストエフスキーが「罪と罰」の中で書いたように
                    人間という生き物はどんな状況にも慣れてしまう生き物です。
                    自分たちの状況を受け入れてその中で幸せを見出していく層が今後増えていくような気がします。
                    底辺が固定化されるとこれは資本主義にとって一番問題なのですがね。


                    夢物語のような話ですがでも、格差が固定化されるというのは現在進行しています。
                    収入の低い家庭の子は、教育もままならない教育格差にまず現れます。
                    労働力足りなくても再生産できるとマルクスは言っていますが、
                    労働者が子供を生んでその子が労働者になれば労働者は一生労働者であり続けます。
                    資本主義のシステムを存続させるためにも貧困を固定化するような仕組みはちょいと改めないといけないような気がします。


                    さて、話がだいぶずれましたが、
                    このブログはガボールのブログなのでガボールについて何か書きましょう。
                    連休中にデパートのセールなどを見に行ったのですが、
                    お客さんの一人に革ジャンを来たアメカジ風のファッションをされている方がいて、
                    ガボールのスカルペンダントをジャラリと付けておられました。


                    こんなブログをやっておるものですから、
                    ついつい見入ってしまいました。
                    あれが普通のノーブランドのペンダントならシルバー好きなのだなと思うのですが、
                    ガボールを付けておられるとなんだか不思議な嬉しさがあるものです。


                    そんなこんなで今年も宜しくお願いします。
                    | ガボールからの伝言 | 雑談 | 23:22 | - | - | - | -
                    年末のご挨拶
                    0
                       今年も終わりですね〜。

                      今年は大震災があったり、
                      放射能汚染があったり、
                      日本にとって大変な一年でしたね。

                      でも、今命があるだけでもありがたいと感謝感謝です。

                      ガボールに関しては、
                      マリアナギー側の日本のガボールは新作を連発してますが、
                      新作というよりカスタムで面白い商品作ってみましたという感じかな。

                      これがまた微妙すぎて旧来のファンからは冷笑をかっています。
                      さすがに、刻印を変えただけのものを新作とかいうのはちょっとね。
                      カスタム品って考案者のセンスがもろに出ると思う。

                      そもそも現行ガボールは新作なんてださなくていいんですよ。
                      昔からのデザインの作りを徹底的に良くしてくれれば。

                      そんなマリアナギー側のガボールにガボラトリーホールディングスという黒船が襲来してます。
                      ガボラトリーホールディングスは価格も安く、デザインが豊富、ただ、ダサい型も存在します。
                      ガボラトリーホールディングスは元ガボールのパートナーであるパスカル・ザザの存在が大きいですね。良くも悪くもこの人次第だと思います。

                      この2ブランドが切磋琢磨すればガボールのレベルも上がるかもしれません。
                      市場の競争原理って大事ですね。

                      前回“コモディティ化”ということを書きましたが、
                      現行ガボールに関してもこの波に飲まれていますね。
                      同じような商品であったら徹底的に価格の安いほうに人は流れます。

                      生前ガボールに関しては、状態の良い商品は本当に少なくなっていると感じてます。
                      コレクターが所有して手放さないっていうのもありますが(^^;。
                      デザインを選べるという状況は今後はなさそうです。
                      自分も最近ガボール運が巡ってきている感じがするので少しずつ集めています。
                      来年は少しずつコレクションを掲載していこうと思います。

                      そんなわけで、このブログの来年は7年目を迎えます。
                      毎回更新頻度が遅く見てくださる方には恐縮ですが、
                      末永く温かい目で見守っていただければと思います。

                      今年も一年ありがとうございました。
                      どうぞよいお年を!
                      | ガボールからの伝言 | 雑談 | 11:02 | - | - | - | -
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      このページの先頭へ