ガボールからの伝言

全国のガボール好きが1度は目にしたことのある噂のブログ。
気泡が多いというけれど・・
0
    ガボールの初期のハッピースカルを眺めていたら、


    目の中に瞳(?)を発見。


    ハッピースカルの目1


    と言うより製作過程においてただ単に空気が入っただけだね。


    現行品は気泡だらけという話を聞いた事があるのですが、


    こういうのは昔の作品にも結構あります。
    (数は多くないと思いますが。)


    そもそも現行品が気泡だらけっていうのも現物を見たことがないので良く分かりません。


    空気が入る云々はスカルの目とかライオンのタテガミとか


    何か入り組んだ部分があるデザインかなと思います。


    ハッピースカルの目2

    で、この銀球、目の玉をありがたく思う人もいるみたいです。


    自分が思うに、通常のハッピースカルをたくさん見れば分かるとおり、
    目の中にこういったものがない物が大半なので、
    こういったものが目にあること自体単なる不良品だと思います。


    普通であったら、ちゃんと作れ!と言って終わりなのですが、
    製作者であるガボールが亡くなっているため、
    古き良き時代の名残だと惜しんで終わりなんでしょうね。


    他には、こめかみが銀で埋まっているいるものなんかもありました。

    ハッピースカルのコメカミ

    あとは、スカルの目の中が8割ほど銀で埋まっている作品も見たことがあります。


    ハッピースカルの目の彫りは初期が深く、中期は浅いですが、
    モノによっては製作過程でイレギュラーな作品も出来上がるみたい。


    何千、何万というハッピースカルが世に出回っていると思いますが、
    中にはひねくれた作りになってしまった個体もあるようです。
    | ガボールからの伝言 | ガボールのハッピースカル | 08:49 | - | - | - | -
    ガボールスカルビーズの穴
    0
      寒くなってきて冬の到来を感じますね。
      東京は木枯らし1号が吹きました。
      北海道や東北に住んでいる方などは心底寒いんだろなー。
      寒い冬にはやっぱり鍋です。
      野菜も沢山食べれて栄養バランスが良くて最高です。
      ただ、一人で鍋だと淋しい・・・悲しい
      みんなでワイワイやりながら食べるのがいいですね。

      そんなこんなでガボール生前初期のスカルビーズです。

      ガボール生前初期スカルビーズ

      故ガボールナギー氏が自ら製作したストック品。
      年代にしておよそ1990年頃の作品です。


      この時代の作品というのが自分は好きですね。
      ちょうどBWLとコラボしていた頃のガボールというのは見て触ってゾクゾクします。
      最近はほとんどこの初期時代の作品しか買いません。


      ちっぽけなこだわりなんですが、ガボールが日本に入って
      シルバーブームと相まってビジネスとして成功を収める中、
      決まりきった作品が多くなったような気がします。


      作りは良くなって統一感が出てそれはそれでいいのでしょうけど、
      手作り感や遊び感覚がなくなってしまったような感じがしました。
      ブランドが大きくなればなるほど色々な制約が出てくるのでしょう。


      初期のスカルビーズは後頭部に刻印が打たれていなかったり、
      このビーズのように(C)(G)STERLING刻印が打たれていたりします。

      ガボール生前初期スカルビーズ刻印

      作りは本当に様々で目の中に穴が開いていたり、気泡があったり。
      でもこの感じがガボールらしさなのかもしれません。


      で、タイトルのスカルビーズの穴なのですが、二つ並べて撮影してみました。
      穴の大きさを比べてみてください。

      ガボール生前初期スカルビーズの穴

      同じ時代に製作されたスカルビーズでもこんなに差があったりするんです。唖然
      どうりでスカルがずれるわけです。

      初期の作品の作りが様々という意味がお分かりいただけましたでしょうか。
      | ガボールからの伝言 | ガボールのハッピースカル | 23:46 | - | - | - | -
      ガボールのスカルビーズ
      0
        ガボールの作品の中で単体だといまいち使い方の分からない作品がコチラのスカルビーズ。

        生前ガボールのスカルビーズ

        スカルの頭頂部から顎下にかけて穴がズドンと空いており、
        その中にレザーコードなどを通して使います。
        どのガボールアイテムよりもハッピースカルの表情は豊かに感じます。

        このスカルビーズはかなりの数が製作されたそうなのですが、
        その大半はレザーのウォレットチェーンやブレスなどの装飾品として使われています。

        生前GABORスカルビーズ

        従って、これ単品を購入した際にどう使うのかと言うことは案外センスが求められるかもしれません。ガボールを付けていてカッコイイなと思う人は、ただ単に与えられたものを付けているのではなく自分でアレンジしている人ですね。アイデアを出して自分流に変えることでオンリーワンのアイテムになります。

        90年代初頭に製作されたBWLのライダースジャケットのアジャスターにもズラズラと取り付けられていたりします。

        BWLライダースジャケットwithガボールスカルビーズ

        初期のスカルビーズは後頭部の刻印が96年頃以降のものと異なります。

        ウォレットチェーンのコマとして足すのもゴージャスに見えると思います。

        ガボール生前スカルビーズ

        自分はこのように付けているというのがありましたら、是非教えてください。
        | ガボールからの伝言 | ガボールのハッピースカル | 23:40 | - | - | - | -
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        このページの先頭へ