ガボールからの伝言

全国のガボール好きが1度は目にしたことのある噂のブログ。
ガボール・ナギー氏愛用のカスタムブーツ
0
    昔話をひとつ。


    今から5〜6年前だったと思うけど、


    今よりガボールの生前作品にお金を使っていた頃があります。
    丁度このブログを開始した頃かもしれません。


    毎月クレジットカードの利用限度額をギリギリまで使い切るくらいで
    それはもう今となっては考えられないくらいの金額でした。


    当時は誰よりも高く生前アイテムを買っていたので
    集まるわ集まるわで、生前当時買えなかったアイテムを含め目一杯散財しましたね。
    ガボールに関しては悔いが残らないくらい。


    またモノが今よりもあったのでお金を使えば欲しい物は一通りそろったという感じでした。
    で、不思議なことにお金を使っていると
    どこからともなくアイテムを買わないか?という話が
    国内や海外から来るわけなのです。


    そんな中で、出てきたのがガボールナギー氏がはいていたブーツとやらです。

    ガボールナギー氏愛用ブーツ1

    なんてことないフツーのエンジニアブーツですが、

    1950年にジェームスディーンが履いていた物をガボール氏が買い取り、

    自前にカスタマイズを加えた作品とのこと。

    ガボールナギー氏愛用ブーツ2

    注目すべきはベルトストラップの部分で

    アックスモチーフを中心にすえ左右にハッピースカルピンズを並べています。

    全体の雰囲気といいシルバーのくすみ具合といい渋いですね。


    ガボールナギー氏愛用ブーツ7

    逆に言うと、このシルバーカスタム以外は

    これといって注目すべき点がないのですが・・・

    センターのアックスはオーバルタイプではなくこれはこれでカッコイイですね。

    ガボールナギー氏愛用ブーツ4

    過去雑誌などで見るガボール氏がはいていたブーツには

    スカルプテッドオーバルやクロスオーバルなどが採用されています。

    ガボールナギー氏愛用ブーツ3

    相当古いブーツのようで、

    着用には不向きかもしれません。

    革なので経年により劣化しますが、

    メンテナンスをすれば履けない事もないかなと思います。

    一番いいのは展示品などでしょうかね。

    サイズは8 1/2くらいだったかな。

    ガボールナギー氏愛用ブーツ5

    金額は当時の金額で100万円くらいでした。

    それなりに価値のあるものですが、

    今はもっと安いと思います。

    このブーツを個人で購入しても使い道がなかったため、

    結局見送ることになりました。


    ガボールナギー氏愛用ブーツ5

    冷静に考えて中古ブーツとピンズの金額が100万円はないなと思ったのもあります。

    あと靴と下着に関しては中古品は受け入れがたいというのがありましてね。

    古着屋などでもスニーカーなどが中古で売られていますが、

    人が履いた靴を自分が履くという感覚がどうしても受け入れられなかったのです・・・

    革ジャンなどは古着でも着れるのですが、

    靴だけはどうも・・・

    変な潔癖症なのでしょう。

    ガボールナギー氏愛用ブーツ6

    ガボール氏が愛用していたという物はナイフとか、オーバーオールとか、

    比較的多く目にしてきましたが、世の中にはまだまだ色々と出回っている物があると思います。

    昔はそれでこそ情報も少なかったですし、

    ガボール氏が愛用していた物に人一倍注目していた頃もありました。

    最近は、ある程度冷静にモノを見ることが出来ているため、

    ガボール愛用品や未発表作品なども微笑ましく見ていますが、

    火の出るような猛烈な欲求というのは昔より影を潜めています。

    手元にもいくつかそれっぽいものがありますが、

    手にしてみると特になんていう事はないチョット変わった作品だけです。

    ガボールに関しては色々な楽しみ方があるので、

    ガボールナギー氏が所有していた作品やレアな生前作品を手にして優越感に浸る事を否定はしません。

    人に見せびらかすのも多いに結構。

    ただ、そういう時期を経てみるとガボールの作品へ見方が少しずつ変化してきます。

    ガボールの楽しみ方が色々と分かってきますよ。
    | ガボールからの伝言 | ガボールのレザーアイテム | 02:12 | - | - | - | -
    ガボール生前初期中期レザー革紐の比較
    0
      最近は、ガボールコレクターの方からオークションの代理出品を頼まれる事が多いです。以前から代理出品は受けていましたが今年に入り特に多い気がします。

      自分が出品するとこのサイトと紐付ける感じで入札率が高まるのでしょうか。
      値段も売主の希望に合わせますが、売却が義務ではないのですからそれなりの値段をつけているようです。

      そもそもガボールのシルバーは本当に好きな人しか買いません。
      一般受けしませんし、多くの入札が殺到するような物ではないと思います。

      そういった商品の特質を踏まえれば売りたい人と買いたい人をマッチさせる、もっと言えば価格を含めその作品の価値観が共有できる人をマッチングさせるのがオークションという場だと思います。

      ホームページ然りオークションでも重要なのは一貫性と継続性です。
      価値観をコロコロ変えて一貫性を欠く出品はそれだけでマイナスだということに気が付くべきなんですけどね。


      そんなこんなで前回は初期のチョーカーの記事を書きました。
      チョーカーに使用されているレザーが一般的に販売されていたガボラトリーのチョーカーとは違うという事を書きましたので考察してみます。
      下記が前回のチョーカーの革紐です。

      ガボール生前初期革ひも画像

      ご覧になってもお分かりの通り非常に細く硬いレザーが密に編みこまれています。編みこみ革紐が一本でガチガチに固まっている感じ。

      日本にガボラトリーが出来てからの革紐は以下の通りです。

      ガボール生前中期革紐画像

      一般的に使用されている生前中期のブレイテッドレザーですね。
      レザーのウォレットチェーンに使用されている物と同じです。
      触った感じは初期の革紐と異なり柔軟性があります。
      革の銀面を表にしていますが裏は当然スウェード状になっています。
      ウォレットチェーンなどでも使い込むと伸びてきます。
      コチラの革紐はほぼ新品に近い物ですので、比較としては良いと思います。

      ガボール生前初期&中期革ひも比較画像

      初期の革紐と中期の比較です。
      まず太さが違うことに気が付きます。

      革紐は生前時期と現行品でも異なります。
      どう違うのかはなかなか表現しづらいのですが革質が違うことと
      現行品のほうが網目が緩い感じがします。
      正規店舗で確かめてみてください。
      | ガボールからの伝言 | ガボールのレザーアイテム | 10:11 | - | - | - | -
      ガボールの非売品レザーパンツ
      0
        ガボールのレザーアイテムは多々あるのですが、
        こちらレザーパンツはかなり珍しい作品です。

        ガボールのレザーパンツ

        田中凛太郎氏監修のFREE&EASY別冊「ライダースジャケットを着る人生」というムック本があるのですが、
        そちらに掲載されているBWL社製のガボラトリーレザーパンツの原型がこちらのレザーパンツです。
        説明が長くて恐縮ですが、それを一言で言うとガボールレザーパンツ試作品となります。

        当時、BWL社で外注せずにガボラトリーで製作されていたもののうちの一着です。日本向けに商品として生産されたレザージャケットは全てBWL社製です。

        このレザーパンツの特徴としてはかなり細身のラインで、シルエットが美しい事です。
        使用されているバッファローレザーは非常にシットリとした質感で着用するごとになじんでくるのが分かります。フロントボタンはGクラウンボタンが使用されています。

        シンプルなレザーパンツですのでバイカーには最適な逸品です。

        Gaboratory(ガボラトリー)のタグ

        興味のある方は下記のお問い合わせよりどうぞ

        アドレス→http://www.skull925.jp/
        | ガボールからの伝言 | ガボールのレザーアイテム | 23:51 | - | - | - | -
        ガボールの非売品レザーシャツ
        0
          ガボラトリーメイドのレザーシャツです。

          生前Gaborのカスタムレザーシャツ

          以前販売したディアスキンレザーシャツとは違いチョコブラウンの渋い色です。

          生前Gaborのカスタムレザーシャツ裏側

          ウォッシャブルレザーを使用しているとのことで革自体は柔らかく着易いです。
          また、ライニングはありませんが、腕の部分に黒のトライバル模様のチャイニーズシルクのライニングが張られています。

          生前Gaborのカスタムレザーシャツ内側

          日本で販売されたレザーシャツは全てBWL製に外注して製作してもらったレザーシャツですが、実際にガボラトリーでもレザーアイテムは多数製作されていました。
          全てミュージシャン等からの受注生産だったそうなので一般の販売ルートにはのらないと思います。
          こちらも一点物ですのでお早めに。
          | ガボールからの伝言 | ガボールのレザーアイテム | 01:30 | - | - | - | -
          ガボールスタッフ用レザーシャツ
          0
            こちらはBWL外注品ではなくガボラトリーメイドのレザーシャツ(デッドストック品)。もちろん非売品です。

            Gaboratoryスタッフ用レザーシャツ

            スタッフオンリー用に製作された作品で、鹿革製です。
            昨年オークションに出品されていたのを覚えいている方もいるかもしれません。
            ガボラトリーで顧客オンリーに販売されたとの噂ですが、100万近い値段だったのではないでしょうか。

            Gaborスタッフ用レザーシャツ

            シルバースナップは故ガボールナギー氏製作のもので、全てG&クラウンの刻印が打たれています。

            サイズはMで、革の肌さわりがたまりません!ラブラブ
            本当に吸い付くような革ってあるのだな〜と感激しました。

            Gaborレザーシャツ後ろ

            色は黒で渋く、デザインも細身で普段着としても愛用できます。
            しかも丈夫です。

            Gaboratoryロゴ

            日本で販売されたガボラトリーのレザーシャツはワンデザインで半袖と長袖の2種類だと思いますが、あのレザーシャツの難点は重過ぎることですね。たらーっ
            このシャツは比較的軽いので軽快に羽織れます。

            更なる情報はコチラから→http://www.skull925.jp/
            | ガボールからの伝言 | ガボールのレザーアイテム | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            このページの先頭へ