ガボールからの伝言

全国のガボール好きが1度は目にしたことのある噂のブログ。
ガボール真贋鑑定三種の神器?の巻
0
    ガボール真贋鑑定三種、神器の電子秤とデジタルノギスです(^^)
     
    電子秤とデジタルノギス
    残り一つは何かと言いますとあなたの経験値です(^^;
    実はこれが一番信頼できるとか。

    ガボールの場合、
    個体差があるので、
    重さが何gあれば本物とか、
    長さが何センチあれば本物とか、
    形式的な型に当てはめるのは良くないと思いますが、
    大よその基準値のようなものはあると思います。

    例えば8スカルブレスの重さが126gとか通常で考えてないわけです。
    その意味で一定の数値は必要条件ではないが
    十分条件としておさえておくにこしたことありません。
    最終的な確認の意味で過去の経験値を踏まえたうえで数値を抑えるという事です。

    どうしたらガボール生前作品の本物と偽物が見分けられるようになるか?
    それはひたすら本物の作品を数多く見続ける他ないと思います。
    周りに原宿で買っていた人のアイテムを多く見て
    作品の特徴をつかみ基準にすることですね。

    次に大事なのはその自分の感覚でつかんだ特徴を絶対にブラさないこと。
    これが結構難しいのです。
    ガボールはとにかく色々とアイテムが出回り玉石混交の世界です。
    見たことがないようなレアもの、1点ものがわんさか出てきます。

    こんなアイテムもあるのかな〜
    この時代ならこういうアイテムもありそうだよね〜
    ガボールはいいかげんだからさ〜

    原則の例外が生まれ、その例外のまた例外が生まれと
    自分が今まで築き上げてきた基準が徐々にぶれてきます。
    これが地獄への一里塚。

    見たことのないアイテムであればあるほど、
    正解が他にないわけですから如何ようにも解釈が可能になってきます。

    もちろん特殊なアイテムであればその特徴を他のアイテムで掴んでいればいい。
    例えば生前時代のガボールにはマルカンのロウ付けがされてなかったり、
    本来打たれている個所に刻印がなかったりというアイテムはたくさんあります。

    ただ少しでもおかしいなと感じるなら自分の今までの感覚を信じて、
    アイテムをスルーする勇気も必要です。例え本物の可能性があったとしても。
    君子危うきに近寄らず。

    最近ガボール好きの方にお会いしてとても嬉しかったのは
    ”違和感”という言葉が聞けたことです。
    まさにこの”違和感”こそが玉石混交の世界を生き抜くうえでの
    最も大事な力となります。
    違和感を感じるまでかなりの勉強代を払いますけどね‥(^^;

    自分が最近エンジェル系のアイテムや初期の珍しいアイテムをオファーを頂いた際
    一歩立ち止まりスルーしたのもこの違和感が心にあったからです。
    もちろん世の中には本物もあります。数は少ないですけどね。

    誰がどう見ても本物と言えるアイテムを手元に置いてあれば、
    基準はぶれることはありません。
    自分の基準から外れていたら見送ることも大事です。
    | ガボールからの伝言 | ガボール本物?偽物? | 12:36 | - | - | - | -
    ガボール本物?偽物?ライオン編
    0
      生前のガボールを探している人は多くいると思いますが、
      その多くいる人の中で実際に偽物を買ってしまった人というのはどれくらいの人数いるんでしょうね。


      でも、なんでも物事が上達するためには失敗が必要だと思う今日この頃。
      本物と偽物の見分け方などは実践を積まないと分からないことばかりだし。
      それでも微妙な作品を100%見分けるのは至難の業です。
      あえて偽物を買えとは言いませんが、間違って買ってしまった経験はガボールを買い続ければ後々生きてきますのでそう悲観的にならない方がいいです。
      但し、購入した後偽物と気づきそれを本物として売ることはやめてください。


      中古でガボールを買う際に本物か偽物か気づいていないのが一番危ないです。
      もしくは、本物なんだろうけど、偽物の可能性が捨てきれない・・このような心理状況に陥ることは偽物を買ってしまうことよりも危険です。
      自分が信頼できる人、ショップから購入してください。
      安物買いの銭失いとはよく言ったものです。


      というわけで、下記画像はガボールの中では恐らく一番人気のライオンモチーフ。
      ペンダント、ブレスレット、ウォレットチェーン、牙が消耗しようがとりあえずライオンだという方もいるみたいです。


      ライオンヘッド横向き


      ライオンのタテガミも使用すれば段々とすれて丸みを帯びてきます。
      エッジがなくなってくる感じ。


      ライオンヘッド正面


      生前のライオンはタテガミがあまり細かく彫られておらず、使用感があるとますますダマになってきます。


      ライオンヘッド裏側


      ライオンヘッドの裏側です。
      これだけの画像だけでは、分からないと思いますが、
      このライオンはヤヴァイです。


      実際に手にとって見ないと分からないことが多いという典型例だと思います。
      中古でガボールを買うということは多大なリスクがあることを分かって欲しいため上記画像を掲載しました。


      折角ライオンモチーフについて記述しましたのでもう少し深堀をして
      年代ごとに検証してみましょう。
      | ガボールからの伝言 | ガボール本物?偽物? | 20:47 | - | - | - | -
      ガボールの本物?偽物?
      0
        どうしても本物だけが欲しいという人だけ読んでください。


        オークションでガボールのアイテムを落札した人から本物かどうか見て欲しいというメールを頂きます。
        画像を送っていただければとりあえず見ますよとお伝えしていますが、
        きちんとした画像を送ってください。見る
        モザイクかかったようなのじゃ分かりません。ムニョムニョ

        gaborウォレットチェーンその1

        鑑定に絶対は無いと思いますし真贋をどこで見極めるか難しいところですが、時代ごとの特徴を掴めばある程度は見分けられると思います。
        科学的に分析すれば恐らくほぼ99.99%の確率とかで分かると思いますけど、
        そこまでやる人はいないのでおおよその鑑定ですけどね。


        真贋を見極めるうえで一番大切だなと思うことは、一番最初に買うアイテムです。
        これがいい加減だと、後から購入する作品に偽物が混入する恐れが出てきます。
        なので一番最初に買うアイテムは必ず本物を購入してください。
        それがその後のアイテムと見比べたときの基準になりますので。


        オークションなんかを見ていて偽物を購入している人は自分の中の真贋を見極める基準がガタガタです。最初があやふやだったんでしょうね。そういう人は恐らくお店では一回も購入していない、すなわち本物を見たことが無いのだろうなと思います。それに加え「生前物は作りが粗い」だとか、「刻印がいい加減」だとか人から伝え聞いた知識ばかりは頭にあるため、こういうものもあるのだろうなと偽物を本物として受け入れてしまいます。


        真贋を見極める上でもう一つ大切なことは偽物の特徴を抑えるということですね。好き好んで偽物を買う人はいないでしょうけど、コレクターやガボールに詳しい方の多くは偽物をつかまされたり、偽物を多く見てきています。
        そういう経験を経て、あ〜〜〜こういう特徴があるのか、いい勉強になったと次の良い買い物が出来るようになるのです。
        失敗が糧となるのですね。そのことに気付くというのはやはり本物を見てきているからだと思います。

        Gaborウォレットチェーンその2

        本物と比べると偽物はどこか違和感があるものです。本物を複数持ち続けているとその感覚は研ぎ澄まされてきます。この感覚が鑑定においては非常に大切です。言葉や文章では表せません。
        作品を触ったときの感覚が大事。手に取ればすぐに分かるというのはそのことです。


        ちなみに偽物が一番多いアイテムは絶壁スカルの頃ですね。
        この頃はシルバーブームでしたのでやたらに多いです。
        以前委託ショップの方にお聞きしたところ持ち込まれるほぼ8割近くが偽物だったとか・・・。
        人気のトリプルスカルダガー、8連スカルは要注意。
        次に偽物が多いのは初期スカル(刻印なし)の作品です。
        刻印が無い分見分けるのが難しいですよ。


        鑑定の結果偽物だと分かったときに、一番悩みます。
        言うべきか言わぬべきか。。。たらーっ
        重病の告知みたいですイヒヒ

        「当時カードで買って支払いが大変だった思い出があるんですよ。」とか言われると・・・そのままにしておいた方がいいかもと思います。

        「覚悟は出来てます。」とのことで告げると、やっぱりみんなすご〜〜〜く落ち込みます。
        ヘコムと言う表現がピッタリ。
        特に、自分が偽物だと思っていなかったのが偽物だと分かったときは
        2倍へこみますね。ボッコンボッコンです。
        結構みんな自分が知らないうちに偽物を持っていたりします。
        中には信じられないという人もいますが、無理も無いと思います。
        また信じたくない人は信じなくてもいいです。

        Gaborウォレットチェーンその3

        ちなみに上に掲載したウォレットチェーンですが、実はこれ偽物です。
        持ち主も気付かなかったらしいです。気付かない方が幸せだったかも・・。
        生前当時、名前を出せばコレクターならすぐ分かる有名正規店で購入したものですけどね。こんな話はゴロゴロあります。
        | ガボールからの伝言 | ガボール本物?偽物? | 21:40 | comments(6) | trackbacks(0) | - | -
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>

        このページの先頭へ