ガボールからの伝言

全国のガボール好きが1度は目にしたことのある噂のブログ。
<< クリスマスシーズン | main | ガボールコレクター >>
ガボールの終焉
0
    「ガボールは終わったんだ。」

    生前時代Gaboratoryに携わっていた人たちは口をそろえて
    このように言います。

    自分もそう思います。
    よく、ブランドはデザイナーがなくなっても存続云々という話がありますが、ガボールに関してだけは別です。
    それくらいガボールナギーという強烈な個性に依存したブランドだったと言うことでしょう。

    昔からガボールが好きで作品を購入し続けている人は、
    うすうす感づいているかもしれませんが、
    現状の作品の出来は決して良い物とは思えません。
    奇しくも昨年の12月7日に自分は同じことを書いていました。

    またブランドの今を聞いてみると本当にガボールは終わったんだなと気持ちでいっぱいです。詳しくは書きませんが日本人による日本人のためのブランドになってしまったと言うのが率直な感想です。

    死後ブランドが二手に分かれどっちがどうのと混乱がありましたが、もうどちらもやっていることは一緒だと思います。いくら否定しようとも作品が今後それを物語るでしょう。

    それも時代の流れなら致し方ないかも。
    あまりに強烈な個性を放ったブランドですのでその反動は大きいですね。
    | ガボールからの伝言 | - | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    トラックバック機能は終了しました。
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    このページの先頭へ