ガボールからの伝言

全国のガボール好きが1度は目にしたことのある噂のブログ。
<< ガボール・ナギー氏愛用のカスタムブーツ | main | ガボール生前初期ラージスカルネックレス >>
ガボール未発表作品 イノシシバングル&サイバングル
0
    ガボール・ナギー氏が亡くなって早13年。

    ガボールの生前作品を見ていると時は止まったままかのように思いますが、

    周りを見渡せば時代は大きく変わりました。

    ガボールの作品でも当時では目にすることの無かった作品の数々を目にすることができるようになりました。

    下記などは面白いバングルです。

    ガボールの未発表作品です。

    ガボール未発表作品1


    イノシシとサイをモチーフにしたワイヤーバングルです。


    左側がイノシシで右側がサイ。


    ガボール未発表作品2


    ガボール氏は動物が好きだったのは有名な話です。

    数多くのアニマルモチーフを発表しておりますが、

    日の目を見ない未発表の作品はまだまだあると思います。

    ワニのバングルとか以前見たことがあったような気がします。

    記憶が定かではありませんが・・・

    ガボール未発表作品3

    こちらは通常のステンレスワイヤーのバングルですね。


    モチーフには旧(G)刻印である、GN刻印が打たれています。


    この刻印自体珍しいと思います。

    ガボール未発表作品4


    ガボールのアニマル全てに入れることですが、

    鋭い観察眼を持って動物の特徴を掴みデザインへと昇華する力量を感じると同時に

    野生動物への畏敬念というのが感じられます。


    ガボール未発表作品5


    人間が作れないものにアーティストは心惹かれるのでしょう。


    ガボール未発表作品6

    このバングルが客観的に見てどれくらいの価値があるのかは分かりません。

    というのも世界でたった一つしかないものというのは実は評価するのが難しいのです。

    比べる物がないというのはいい意味でも悪い意味でも値段が定まりません。

    これは不動産の適正価格というのを判断するのが難しいのと同じです。

    実は土地というのはこの世に二つと同じ物がありません。

    ですので、不動産の鑑定評価をする際には原価法や取引事例比較法、収益還元法などの様々な鑑定手法を使いその価値を定めていきます。

    ガボールの1点モノや未発表作品、私物などでも同じことが言えます。

    ただ土地の取引と異なりガボールの場合は万人が納得するような客観的な評価基準が存在しません。

    価値を感じるか否かは各個人の主観に委ねられているからです。

    非常に狭いマーケットですが、ガボールの価値というのは客観的にあるものではなく、

    主観的によって決まってくるモノであり価格はそれを表す数字です。

    なので、主観で決まる以上、世に出回っているガボールの価格は全て正しいのです。

    数が限られている物は需給バランスから価格は高くなりがちです。

    次回は色々と集めてみたものの経験上入手が困難なアイテムについて書いてみようと思います。
    | ガボールからの伝言 | ガボールのシルバー | 02:10 | - | - | - | -
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ